失敗しない二重埋没法

埋没法後に多いトラブル例と、失敗しないためのコツをまとめました

二重埋没法とは

二重埋没法とは

●二重埋没法は切らない二重整形

二重まぶたにすることができる二重整形は、美容整形の中で最も需要が多く人気のある整形術です。比較的リーズナブルな料金で、術法によっては術後のダウンタイム(腫れや赤みなどが生じる期間)が数日程度とかなり短い点も人気の理由です。

ちなみに二重まぶたを作る手術には大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2つあります。

・二重埋没法

本サイトで詳しく述べている「二重埋没法」は、まぶたに糸を使って二重ラインを作る手術法です。手術と言いますが、メスを使って皮膚を切開することはなく、糸と針のみで二重ラインを作ります。皮膚を切開しないためダウンタイム(術後の腫れ・赤みが続く期間)が短く、手術を行っても周囲にばれにくい点が人気の理由です。

・二重切開法

二重切開法は、まぶたの皮膚を切開してまぶたを開閉する筋肉(眼輪筋)と瞼板を縫合するか、挙筋腱膜(眼輪筋の先にある腱膜)と皮下組織を縫合することで二重ラインを作る術法です。

●二重埋没法の手術法について

二重埋没法は「糸によって二重ラインを作る手術」だと言うことは多くのクリニックサイトにも記載されていますが、実は具体的にどんな風に糸を通しているかなど詳細についてまで解説しているサイトはあまりないような気がします。そこで今回は二重埋没法の具体的な手術法についてもまとめてみます。

二重埋没法はまぶたの皮膚(外側)から結膜(内側)に糸を落として再度まぶたの皮膚へ糸を通して留めることで二重ラインのクセを作る手法です。

この作業を一度のみ行うと「1点留め」と言われるものになり、繰り返し複数回行えば「2点留め」「3点留め」となっていきます。

なお、「1点留め」の状態を「2か所で止まっているので2点留め」というクリニックもあるようですが、一般的には使用している糸の本数をもとに「○点留め」と言うことが一般的です。

点数が多いほう強度があると言われていますが、逆にあまり点数が多いと、留めている場所が近くなりすぎて耐久性に疑問が出てくると言う先生もいらっしゃいます。

●二重埋没法の細かな種類

二重埋没法と一口で言いますが、クリニックや医師によって術法は少しずつ異なります。

①術式

「瞼板法」
まぶたの先(上眼瞼挙筋から挙筋腱膜へ向かって進んだ更に先)には瞼板という軟骨のような少し硬めの組織があります。瞼板法による二重埋没法の場合は、この瞼板に糸をくくって二重ラインを作ります。
「挙筋法」
対して挙筋法の場合は、瞼板よりも内側にある挙筋腱膜部分に糸を留めてる二重埋没法です。

どちらが良いかという点ではクリニックや医師の方針・スタンスによって異なると思いますが、一般的には以下のように言われることが多いです。

・挙筋法はダウンタイムが少なくやり直しがしやすい

瞼板法の場合、挙筋法よりも手術中の痛みが大きく術後の腫れや赤みも比較的大きく出ることがあります。「できるだけダウンタイムを少なくしたいから手軽な埋没法でやりたい」という方も多いと思いますので、より少ない痛み・ダウンタイムで手術を行うのであれば挙筋法のほうがよいでしょう。

また切開を伴わない二重埋没法の場合、術法にもよりますが数年でラインが取れてしまうことが多いです。そういった際には修正手術(やり直し手術)を行う方が多いですが、この時に埋没糸を探し出しやすいのは挙筋法になります。比較的皮膚の浅い部分にとどまっていることが多いためですが、逆に言うと適切な処置をしないと結膜側から糸が飛び出てしまう可能性もあります。

・挙筋法は医師の経験則がポイント

瞼板は軟骨のような組織のためしっかり糸を留めることができますが、挙筋法の場合は軽く結ぶため糸が皮膚の内部にまで隠れずに表面近くに留まることになりがちです。この辺りは医師の経験則や熟練度によって調整が必要になりますが、留める糸がきつすぎると糸を留めている挙筋腱膜が動かしにくくなり目を開けにくくなったり眠たそうに見えるといった眼瞼下垂の症状を起こすことがあります。

結論としては、瞼板法のほうがお勧めではありますが、医師の経験則や技術力も大きく関係しているため、そのあたりも鑑みた上で選択するようにするのが良いかと思います。

②とめる点数

先ほどの「二重埋没法の手術方法について」で記載しましたが、二重ラインにするために瞼を糸で止める際の数を点数といいます。一般的には、二点留め、三点留めの埋没法が多く行われています。

③糸の通し方

通常はまぶたの皮膚(表側)と結膜側(内側)を交互に通していきますが、より取れにくくするためにクリニックが様々な工夫を行っています。

④角膜側に糸を出すかどうか

最近は、糸を角膜側に通す・通さないといった違いも出てきています。
以前は隔膜側に糸を通す形の埋没法が一般的でしたが、角膜側に糸を通す方法の場合、糸の処理方法によってはどうしても眼球に傷がつく可能性がないとは言えず、その点を懸念する声がありました。実際に数年前には眼球が傷ついたとして訴訟問題も起きています。

(訴訟内容)
二重埋没法を某美容クリニックで行ったところ、術後にまぶたは腫れた。何度も相談に行ったものの、医師からは「次第に腫れは引く」と言われ適切な処置はされなかった。結果、この方は右目の視力が2.0から0.04にまで下がるなどの症状が出てしまった。

このような問題だけではなく、埋没法で使用した糸が原因でまぶたの内側がチクチクしたり、ゴロゴロするなどの違和感があることもあります。いずれも手術の際に適切な処理をすれば起こりえないことですが、経験が少ない医師が行った場合にこのような問題が生じることもあります。

●こんな時にも活用!二重埋没法応用編

二重埋没法は「一重まぶたを二重ラインにする」ための手術として認識している人が多いと思いますが、実はもともとは逆さまつ毛治療で使用されている術法でした。1920年頃にこの術法を応用して、二重まぶたにするという手術法が日本で生まれました。意外に埋没法の歴史は古いものなのですね。
そして二重埋没法は二重ラインを作る以外の目的でも応用されています。

「逆さまつ毛治療」

逆さまつ毛は医学用語では眼瞼内反(がんけんないはん)、睫毛内反(しょうもうないはん)などと言います。先ほど述べた通り、二重埋没法はもともとは逆さまつ毛治療で使用されていました。現在も埋没法による治療が行われています。

「眼瞼下垂治療」

加齢によって皮膚がたるむと、余ったまぶたが目元に被さり黒目がはっきり露出しなくなることがあります。この状態を眼瞼下垂と言い、ものが見えにくくなる他、目元をしっかり開けようとして力を入れすぎることで眉毛が上がってしまうなどの症状が生じます。
また加齢の他、コンタクトレンズの長期使用、アイプチやまつ毛エクステなどを長期間使用するなどでまぶたに負担をかけ続けることで若い人でもまぶたがたるんでくるケースが増えていきます。
このような皮膚が余ったことによる眼瞼下垂の場合には、二重埋没法を行うことで余った皮膚を二重ラインとして織り込み改善することができます。
ただし眼瞼下垂の原因が挙筋腱膜やミュラー筋のゆるみも関係している場合、皮膚のあまりを処理するだけでは改善しません。

PAGE TOP