失敗しない二重埋没法

埋没法後に多いトラブル例と、失敗しないためのコツをまとめました

二重埋没法でよくあるトラブル

二重埋没法でよくあるトラブル

糸を留めることで二重まぶたにすることができる二重埋没法は、手軽であるために手術をする人が増えていますが、中には術後に後悔してしまうケースもあるようです。「糸が取れてしまった」という失敗談の他、よくある二重埋没法後の失敗症例についてまとめてみました。

●眠たそうな目になる

二重整形後に「眠たそうな目になる」というケースは、埋没法に限らず切開法で行った際にも最近よく聞く失敗症例です。
眠たそうな目になる原因はほぼ全員一緒で、最近若い人を中心に人気の「幅広二重」を希望した際に、医師がめいっぱい幅広いラインを埋没法で作った際に生じることがほとんどです。イメージしてみてください。二重の幅が広ければ広いほど重なる皮膚のボリュームが増えるため、糸を留めて支えている部分には負荷がかかります。つまり、幅広い二重を作ると糸に負荷がかかり、二重ラインを支えきれなくなって眠たそう、つまりまぶたが黒目の上側に被った状態になるのです。

幅が広すぎる二重まぶたを埋没法で作るとまぶたが支えきれなくなり下垂する可能性があることを医師が経験や知識として知っていれば、埋没法の手術を行う前のラインを決める段階で一言指摘をしてくれるはずですが、忙しいこともあってでしょうか、なかなかそういったことを医師がきちんと説明してくれることも少ないようです。

●二重ラインがプックリしたハム目になる

せっかく二重まぶたにしたのに、不自然に二重ラインの部分がプックリと膨らんで赤くなってしまったというケースもよく耳にします。これは二重ラインを作る際に食い込みが深くなりすぎていたり、まぶたの脂肪が厚い人が埋没法で二重ラインを作った際などに生じます。切開法であっても、切開後に内部組織をしっかりと処理しないとい生じることがあるため、単に術式の問題ということではなく、「自分にあった手術法であるか?」「医師の技術力は問題ないか?」という2点をしっかり事前に確認することで防げるはずです。

●ラインに左右差ができる

こちらも埋没法に限ったことではないですが、二重整形後に左右の二重ラインに差が生じることがあります。そもそも人間は左右対称にはできてないので、手術の際に医師がそういった左右の違いをきちんと把握した上で調整を行えれば問題ないのですが、そこまで丁寧に調整を行わずに二重ラインを設定すると左右差が生じることがあります。(もしくは医師的には左右対称に作ったつもりなのに、技術的に追いつかずずれてしまったという可能性もあります…)

●ラインが1本にならない

まぶたに厚みがある場合などは、糸で支える組織が多くなり術後のラインが1本にならず、途中でラインに段差ができたりラインが2本になってしまうことがあります。まぶたの中心だけを留める1点留めを避けて、できるだけ複数の支点で支える形の埋没法を選ぶことで回避できることが多いですが、まぶたの脂肪量が多い場合などは埋没法ではなく、脱脂も一緒に行うことができる二重切開法で行うほうが良いこともあります。気になる際には医師に事前に確認を取るとよいでしょう。

●まぶたの糸を留めた部分がポッコリする(傷跡)

二重ラインに関する失敗話とあわせて同じくらい多いのが「まぶたの傷跡」です。二重埋没法は、糸でラインを留めるだけですので、二重切開法のような傷跡はできないのですが、糸を通した部分がぽっこりと膨らんで目立ってしまうケースがあります。これは皮膚内の浅い層に糸が埋め込まれた場合に生じます。その他まぶたの皮膚が薄い際にも目立ちやすくなります。なお術後1か月ほどであれば少しずつ落ち着いてくるため様子を見たほうがよいようです。

●抜糸をしても元に戻らない

ラインに納得がいかないとして埋没法を行ったものの抜糸をして元に戻す方も少なからずいらっしゃいます。ただし注意が必要なのが、抜糸をすることで元のまぶたに戻るかというとそうではないこともある点です。抜糸後もまぶたの一部が凹むなどのケースもあるようです。

なお一点、二重埋没法はダウンタイムが少ないと言われていますが、それでもやはり麻酔をしたり皮膚に糸を通せば術後に腫れ、赤みが生じるものです。そのため術後に違和感があったりイメージとラインが違うなどの不安を感じた際も、まずは1か月程度は様子を見るようにされるほうがよいでしょう。1か月程度あれば通常の目もとの状態に戻ることが多いため、その時点でも何か気になる点があったら、手術を担当してくれた医師や病院に相談してみるのがよいかと思います。

PAGE TOP